イチヨウラン、コフタバラン再会

 野性ランとオオヤマレンゲの探索で大沼林道を再度歩く目指す花は見つかるもまだ蕾だった同じ志賀高原でも数キロ離れただけで環境による差が有るようだ。

オオヤマレンゲ蕾
a0315813_81533.jpg

a0315813_811914.jpg

ウラジロヨウラク
a0315813_814238.jpg

ガクウラジロヨウラク?
a0315813_815523.jpg

ハクサンチドリ
a0315813_822773.jpg

モミジカラマツ
a0315813_825555.jpg

イチヨウラン
a0315813_833175.jpg

a0315813_835434.jpg

a0315813_84847.jpg

コフタバラン
a0315813_842520.jpg

キソチドリ蕾
a0315813_8183357.jpg

オオヤマサギソウ? 蕾
a0315813_8184615.jpg

大沼池
a0315813_853480.jpg



にほんブログ村
[PR]

by mri3n | 2016-06-29 08:20 | 山野草、野の花 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : https://hanasanpo1.exblog.jp/tb/22949179
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by andanteeno at 2016-06-30 22:10
今晩は!
いつも当方への嬉しいコメントありがとうございます m(_ _)m
また、リアルタイムの、瑞々しい野の花レポート、いつも楽しませて頂いてます ^^
先だっての花山歩の講師の先生によると、ガクウラジロヨウラクは釣鐘の上にガクがあるもの・・だそうですが、このガクも、細長いものと、こじんまりとしたものと2種類あるようですので、ご面倒でも確認してみるといいですね♪
Commented by mri3n at 2016-07-01 08:49
andanteenoさん
ガクを良く見ることで判別できるのですねウラジロヨウラクにも花筒の長いものも有るようなので今度よ~く観察します有りがたいレクチャー感謝いたします。